【就任のご挨拶】 令和3年5月22日
会長 森村 勝 (株式会社モリムラ)

初夏の候、会員の皆様には益々ご精励のことと存じます。
この度、令和3年5月21日の、令和3年度通常総代会において、木津川市商工会会長に就任いたしました。何卒宜しくお願い致します。
就任にあたり、一言ご挨拶申し上げます。
はじめに、福井前会長はじめ、前役員の皆様の、ご尽力に心より敬意を表しますとともに、その後を引き継ぐにあたり、 商工会長としての責任の重大さに、身の引き締まる思いを致しております。また、会員の皆様方及び京都府、木津川市等の関係機関のご指導を賜り、この重責を全うすべく決意を新たにしているところであります。
我々、商工業者を取巻く環境は申し上げるまでもなく、長期化している新型コロナウイルス感染症の影響により、痛烈な打撃を受け、かつてない厳しい経営環境が続いておりますが、感染拡大により4月から京都府に再び、緊急事態宣言が発令され、我々の生活にも影響を及ぼし、回復の兆しが見えない状況であります。
昨年度より影響を受けている業種は更なる影響を受け、また本年度には、新たに影響を受ける業種が増えることも懸念されております。
この厳しい経営環境下においても、社会構造をはじめ、小規模事業者を取り巻く環境も少子高齢化、情報化、グローバル化等の変化は急速に進んでおり、社会の変化に対応した、新たなニーズを捉える取り組みや、コスト削減といった、事業の存続をかけた取り組みは待ったなしの状況となっております。
然しながら、地域に密着する我々中小零細事業者は、地域経済の担い手としての役割が大きく、我々の発展無くして地域の活性化は有りえません。
新型コロナウイルス感染症が終息した後の、世の中の変化を見据えて、木津川市商工会の会員企業の取り巻く現状を直視し、社会変化に対応出来る取り組みを、会員の皆様と共に考え、迅速果断に専門的かつ高度な支援を行う事により、会員皆様の事業の安定向上を図ります。
また地域との共生に取り組める体制を強化して、地域社会と共に発展に貢献出来る様、役員、職員一丸となって、「人々が出会い、笑顔が生まれる、安全で豊かな社会」という、未来を目指して取り組んでいきたいと思います。
むすびにあたり、木津川市商工会の更なる飛躍のため皆様方の一層の御支援、御協力を賜りますよう、何卒お願い申し上げます。

******************************************************************

【退任のご挨拶】 令和3年5月21日
会長 福井 康裕 (株式会社井筒屋商店)

水田に稲の苗が植わり、ほたるが飛び交う季節となりました。
去る、5月21日の総代会をもって、木津川市商工会長の3年の任期を終えることができました。さて、私が就任させていただいた平成30年度は、大阪北部地震や台風21号の、上陸による浸水被害など、大きな災害が発生した年でありました。その一方では企業収益が過去最高を記録するなど、経済の循環は着実に好転換する1年でもありました。
そのような中で、山本会長の後任として、木津川市商工会長を拝命し、会員の皆様の多大なるご協力のもと、木津川市商工会がさらに活性するように努めてまいりました。しかし、昨年の初旬より新型コロナウイルスという人跡未踏の脅威が世界中を襲い、経済活動の鈍化に繋がり、未だ回復の兆しが見えません。
木津川市商工会も、昨年は会員の皆様への新型コロナウイルス感染症対策に係る、補助金や助成金、新型コロナ対策特別融資などの支援を重点的に行いました。
その甲斐が有って、コロナ禍の厳しい経営環境の中でも、昨年度当初991名であった会員数が、年度末に998名に増加したことは、偏に関係機関各位のご協力と会員企業のご努力の賜物と心より感謝申し上げます。
このような昨今の先行きが見えない情勢の中、様々な情報が入ってまいりますが、
私たち事業者は、地に足を付けて自らを精査し、公明正大な視点で判断して、この混沌とした先の必ず明ける日に備えて、慎重且つ着実に前進し続けることで、好機にまた導かれるのだと、私は確信します。
会長拝命期間中の3年間の中、この期間の情勢の下で、当初思い描いており
実現できなかった事もあり、会員の皆様には心よりお詫び申し上げます
結びにあたり、木津川市に広がる水田に騒然と並ぶ細やかな、しかし凛とした息吹がいずれ黄金に輝き実るように、木津川市商工会の会員事業所が、今後も益々ご発展されることを祈念致します。

【就任のご挨拶】 平成30年5月23日
会長 福井 康裕 (株式会社井筒屋商店)

写真

芒種の季節、木津川市に広がる水田には細やかな、しかし凛とした命が蒼然と並んでいます。
この度、さまざまな方からご助力を賜り、木津川市商工会会長の銘を仰せつかることになりました。何卒よろしくお願い申し上げます。
昨今の日本経済は、雇用、所得環境等の改善を背景に、個人消費も上昇傾向にあり、景気は回復しつつあると公表されています。しかし一方で、我々中小零細企業は、業績の伸び悩み、不安定な雇用状況、後継者問題、大型店舗・大型企業の地域進出に加え、2019年10月には消費税が10%に引上げされる等、頭を抱える問題が山積しています。
このような厳しい時代のなかで私たち商工業者は生き残り、成長していかなければなりません。そのために私は会長として、会員の皆さまのお役に立つべく努めてまいります。各種セミナーの開催や後継者育成といった啓発事業、地元商工業者の発展促進事業、私たちが住む、何よりお客様が住む地元木津川市の活性事業等、多岐にわたる活動を推進して参ります。また、合併5年目を迎え、当初からの目的でもある商工会の合理化を目指し、尚一層、どんなニーズにもお応えできる商工会体制を構築いたします。会員の皆さまにおかれましても、今以上に商工会活動にご理解いただき、ご協力、またご活用していただきたく存じます。
木津川地域は、およそ1300年前、都があった太古から高い技術と知識でまちを繁栄させてきました。時代は変われど先人達の魂を脈々と継承し、次代に引き継いでいかなければなりません。そんな長い歴史の中で、合併5年目の木津川市商工会組織は、例えるなら水田に広がる苗でしかないかもしれません。個々は細やかでも堅実に燦燦と太陽の光を浴び、澄んだ水を吸い、豊かな土壌に凛と並ぶこの命を、いずれ黄金色に輝く稲穂にするべく一路邁進して参ります。
むすびにあたり、商工会員の皆さまの「商売繁盛」と、皆さまが商うこの木津川市の「地域活性」を祈願いたしまして就任のことばと変えさせていただきます。

*******************************************************************

【退任のご挨拶】 平成30年5月22日
会長 山本 貢  (相楽工業株式会社)

去る5月22日の総代会において、任期満了となり退任いたしました。つきましては、合併後の暫定期間1年と一期3年の都合4年間、皆様のご理解とご支援のおかげをもちまして、与えられた職務を大過なく全うすることができました。心よりお礼申し上げます。
振り返りますと、41歳の時に旧木津町商工会の理事になり、その後、工業部会副部長・同部会長・副会長・会長を経て、合併後、木津川市商工会の会長就任・退任に至るまで、30年余りの長きにわたり商工会の運営に携わってまいりました。
中でも大きな出来事の一つが木津町商工会の会館移転でした。現市役所庁舎の建設に伴い商工会館の移転を余儀なくされ、移転先も二転三転し、撤去から設計・施工業者選定・着工・完成に至るまで、廣川建設委員長はじめ建設委員の皆様、反田局長らと共に苦労したことを思い出します。その甲斐があり、旧会館より立派な会館を残すことができ、建設に関わった一人としてたいへん嬉しく思っています。
二つ目の大きな出来事が合併でした。行政改革の大きな流れの中で木津川市が誕生し、商工会も合併は避けては通れないとの認識はありましたが、それぞれの商工会には50年もの長い歴史の中で培われた運営方法や地域性に大きな違いがあり、合併後の姿が見えづらく、なかなか前に進むことができませんでした。そして、ようやく立ち上げた合併協議会でしたが地図なき森の中を進むが如く、紆余曲折を経て平成26年6月、小異を捨てて大同に就くとの総意でまとまり、木津川市商工会が誕生しました。
合併後4年が経った今、まだ組織的な課題を残しておりますが、少なくとも初代会長としての役割を終え、次期会長に引き継ぐことができ一歩前進できました。更なる発展のため新体制にも引き続きご支援をお願いしますと共に、会長在任中、温かくご支援いただきました皆様に心より感謝とお礼を申し上げ退任のあいさつといたします。ありがとうございました。

【就任のご挨拶】 平成26年5月1日
会長  山本 貢 (相楽工業株式会社)

木津川市商工会 会長

平成26年5月1日に「木津川市商工会」として新たにスタートいたしました。新商工会では、支援員の資質向上を図りながら「新しい経営支援体制」を確立し、行政機関と連携して地域の特性を活かした地域振興に取り組む体制を整えております。又、リアルタイムに商工会に関わるあらゆる情報発信を行うことにより、会員の皆様にとってより身近な存在になり、これまで以上に利用していただけるような商工会をめざして、ホームページを作成いたました。
一人でも多くの人に利用いて頂き、イベント情報・補助金情報・その他の情報等を有意義にご活用いただき、商工会員のメリットを実感していただきたいと思います。