作成者別アーカイブ: kizu

kizu について

milza@milza-web.com

配達販売促進事業「デリバリーきづがわ」

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、国や都道府県が外出自粛を要請されているなかで、3密を避けながらも市民生活を支援するため、配達販売を促進する事業「デリバリーきづがわ」が木津川市により、始められています。 デリバリーやテイクアウトメニューのある店舗から申請をされ情報を、木津川市デリバリー等店舗として登録され、木津川市ホームページや木津川市公式FBでも紹介されます。

詳しくは、 http://www.city.kizugawa.lg.jp/index.cfm/9,40918,42,html まで。

雇用調整助成金等に関する個別相談会を開催します(会員限定)

 昨今の新型コロナウイルス感染症による影響から経済にも多大な影響が出ており、様々な事業者向け支援施策が実施されております。今後も従業員の雇用維持・確保のため、「雇用調整助成金に係る助成率・上限額の引き上げ」をはじめ休業者(個人申請)による「みなし失業による失業手当」や 「休業者給付金」など、国より様々な事業者向け支援施策を打ち出すことが発表されております。そこで、「雇用調整助成金」をはじめとする雇用に関する助成金やご相談に関しまして個別相談会を開催いたします。  参加ご希望の方は、添付の参加申込票に必要事項をご記入の上、6月15日(月)17時までに木津川市商工会宛にFAX(0774-72-6564)にてお申し込みください。

「持続化給付金」申請サポート会場追加のお知らせ

京都府でのサポート窓口が宇治市(5月21日~)と城陽市(5月24日~)にも追加となりました。

【予約の方法】 「申請サポート会場」は、完全事前予約制です。予約をお取りいただいた上で、会場へお出かけください

予約方法は、①Web予約、②電話予約 があります。

①WEB予約 https://counter.jizokuka-kyufu.jp/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%BA%9C

②電話予約  0120-115-570 

持続化給付金申請サポート会場(京都)について

持続化給付金の申請は、電子申請を基本とされていますが、 電子申請の方法がわからない方、できない方に限定して申請サポート会場にて補助員が電子申請の入力サポートを行われます。事前に予約が必要であり以下から予約できます。

予約 https://reservation4.jizokuka-kyufu.jp/reserve?id=a0I2w0000000utw

(コールセンター) 0120-115-570

住所 〒600-8565 京都府 京都市 下京区 四条通室町東入函谷鉾町78 京都経済センター7F 電話

添付書類等 https://www.jizokuka-kyufu.jp/support/

京都府休業要請対象事業者支援給付金のお知らせ

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、京都府より要請のあった施設の休止及び営業時間の短縮を行った中小企業・団体及び個人事業主に対して「京都府休業要請対象事業者給付金」の支給が始まりました。

コールセンター 075-706-1300(平日9:00-17:00)

支給額  中小企業・団体20万円・個人事業主10万円

申請期間 令和2年5月7日(木)~令和2年6月15日(月)

申請方法 (1)WEB申請 https://sienkyufu.pref.kyoto.lg.jp/aplForm 若しくは (2)郵送

持続化給付金のご案内

新型コロナウイルス感染症の拡大により営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を支え再起の糧となるための給付金(個人事業主上限100万円、中小法人等上限200万円)の申込が始まりました。

持続化給付金事業 コールセンター 0120-115-570

お問い合わせ LINE公式アカウント LINE ID:@kyufukin_line

小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>募集開始!

小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>の募集が開始されましたので、お知らせいたします。なお、一般型との違いは、補助上限額が100万円に引き上げられた、などです。募集要領・申請書等の詳細につきましては、下記URLにてダウンロードできます。

https://www.kyoto-fsci.or.jp